地方部における自動運転移動サービスの社会実装に向けた、過去の関連する実証実験において明らかにされた課題等について、
解決方法を確立することを目的とする。この解決方法について、実証実験により有効性を検証し、得られた検証結果をもとに
自動運転移動サービスの社会実装に向けた導入マニュアルを取りまとめることで、地方部における自動運転移動サービスの
2020 年の実現に資する。


本事業では革新脳等の既存事業との緊密な連携の下、国際的な連携強化を図り、ライフステージに着目し、正常から疾患までの縦断的な脳画像解析・ヒト-非ヒト霊長類種間比較・ヒトの脳機能の神経回路レベルでの解明を行う事で、精神・神経疾患の早期発見、早期介入等の実現へ向けて推進します。わが国の脳科学研究における国際競争力を強化しつつ世界の脳科学研究に貢献します。


本委託研究は、港湾施設の維持管理において今後活用が期待される、UAV(航空法における無人航空機をいう。)
による空撮の画像伝送に関して、港湾環境における遠隔地からの円滑な画像伝送を可能とする通信システムの
基本設計及び当該システムの無線モジュール試作機の製作・特性評価等を実施するものである。


次世代ウィンドプロファイラ(WPR)の主要技術であるアダプティブクラッタ抑圧(ACS)は、風速の測定データ品質を向上させることで、局地的かつ短時間で変化する気象状態の把握と予測に貢献できる。本委託研究では、ACSの実用化を目的としたACSシステムの製作と実証実験を実施する。本委託研究によりACSが気象業務の精度向上に寄与する実用的な手段であることを国内外に示すことで、次世代WPRの実用化を目指す。


お電話でのお問い合せはこちら

0776-27-8956(代表)