公益財団法人国際文化交流事業財団(JICEF)は文化交流の推進により、国家・民族間の相互理解及び友好親善の増進に寄与し、
世界平和を図る目的で、我が国と諸外国との人物交流の助成を実施しています。
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている学者、研究者、教育者、芸術家を対象としており、
2015年で派遣147名、招聘99名に達しています。
派遣先国・招聘国はアメリカ、フランス、ドイツ、カナダ、イギリス、インドなど40カ国近くに及んでおります。


独立行政法人日本学術振興会(Japan Society for the Promotion of Science: JSPS)は海外という新たな環境へ挑戦し、
3か月~1年程度海外の研究者と共同して研究に従事する機会を提供することを通じて、将来国際的な活躍が期待できる
豊かな経験を持ち合わせた優秀な博士後期課程学生等の育成に寄与する「若手研究者海外挑戦プログラム」を実施します。
この度、平成31年度採用分のプログラム参加者を募集します。


Society 5.0の実現にむけ、容易にサイバー空間とフィジカル空間を連携させることが出来るエッジに重点をおいた
プラットフォーム(エッジPF)を開発し社会実装することにより、フィジカル空間処理のコストを大幅に削減し、
かつ我が国の中小・ベンチャー企業を含む産業界を活性化していくことを目指します。
日本が強みを持つ材料・デバイス技術を活かした超低消費電力IoTデバイス・革新的センサ技術の実用化及び
システム化により高度な価値創出をはかります。
エッジに重点がおかれたCPS※2の適用事例となる社会課題実装技術開発を行い、課題解決の成功事例を広く
社会へ示します。
エッジPFを自立的に維持・更新できる仕組みを構築していくことで、我が国のCPSの国際競争力の維持・
拡大の持続を目指します。


お電話でのお問い合せはこちら

0776-27-8956(代表)