政府による「宇宙部品・コンポーネントに関する総合的な技術戦略」(平成 28 年 3 月)(以下「部品戦略」という。)が策定されました。本補助事業では、部品戦略に基づき、我が国として注力すべき宇宙用部品・コンポーネントの開発を支援し、我が国の宇宙活動の自立性の確保及び宇宙機器産業の発展を図ることを目的としています。


 5月31日締切にて募集しておりました“学生起業サークル支援事業”につきまして、提出された申込書、ならびに審査委員6名による質疑と応募サークル代表者からの回答をもとに厳正な審議を行い、以下の通り支援先サークルを決定いたしました。

[採択サークル(順不同)]
・福がこいプロジェクト
 (福がこいプロジェクト/寶生拓巳(大学院工学研究科修士1年)/20名(うち福井大生17名))
・ナガレボシShooting Star
 (福井の魅力を地域で発見、世界に発信/横井健一郎(医学部5年)/7名(うち福井大生7名))
・学生団体with
 (鯖江市地域活性化プランコンテストの開催/堀江理沙(工学部3年)/21名(うち福井大生7名))
※「提案団体(提案タイトル/代表者/採択時の申請書記載のサークル人数)」の順に記載

 本事業は、本学卒業生の寄付((株)ミッション起業支援基金)により、本学学生のアントレプレナーシップ(起業マインド)の養成を目的として実施しているものです。


 福井大学産学官連携本部では、本学卒業生の寄付((株)ミッション起業支援基金)により、本学学生のアントレプレナーシップ(起業マインド)の養成のため、本学学生を中心とした試作品作製による起業準備活動を支援します。
 本学学生を対象とした支援事業のため、必ずしも知的財産を有するものでなくても構いません。
本事業では、自分たちで試作品を作り上げてもいいですし、それが難しい部分は、福井大学産学官連携本部が組織する匠コンソーシアムの方々の支援を受けることができます。

 詳細、ならびに申し込みは、それぞれのリンク先を参照、ダウンロードしてください。


 福井大学 産学官連携本部では、学内研究シーズを活用した試作開発を推進します。
 下記の趣旨・スキームに沿った提案を募集します。今年度も,近年顕著に意識される ようになった様々な大規模災害を念頭に,防災や復興支援,放射能対策等に関する 研究を重点的に募集するとともに,来年利用できる復興支援・防災技術開発を特別枠で募集します。また、ふくいオープンイノベーション推進機構における活動の趣旨 に沿った地域産業の活性化につながる課題については、特別枠を設けてはおりませんが、重要なものと認識しております。

 申請条件等は、リンク先をご参照ください。

【提出書類】
提案書(様式 1)
報告書(様式 4)
シーズ集データ


お電話でのお問い合せはこちら

0776-27-8956(代表)