本課題は、中村祐輔プログラムディレクター(公益財団法人がん研究所 がんプレシジョン医療研究センター所長)の統括のもと、
AI、IoT、ビッグデータ技術を用いた「AIホスピタルシステム」を開発・構築・社会実装することにより、高度で先進的な
医療サービスを提供するとともに、医療機関における効率化を図り、医師や看護師などの医療従事者の抜本的な負担の軽減を
実現しようとするものです。


我が国のバイオエコノミーの拡大と関連産業の競争力強化等のため、府省連携により、バイオとデジタルの融合による
イノベーションの基盤を構築し、「食」による健康増進社会の実現や革新的なバイオ素材・製品産業の振興・創出を図ります。


我が国の材料開発分野での強みを維持・発展させるため、材料開発コストの大幅低減、開発期間の大幅短縮を目指し、世界最先端の
逆問題マテリアルズインテグレーション(性能希望から最適材料・プロセス・構造を予測)を実現・社会実装し、超高性能材料の
開発につなげるとともに信頼性評価技術を確立する。


本事業は、大学や研究機関等による高度なAIチップ開発のための共通基盤技術の開発を進めると共に、その知見やAIチップの設計・評価・検証等の開発環境を中小企業やベンチャー企業などの民間企業等に提供し、中小企業やベンチャー企業などの民間企業におけるAIチップに関するアイディア実用化に向けた研究開発を支援することを目的とします。AIチップ開発を加速するために整備した設計検証拠点で開発を実施し、AIチップ開発スキームにおける設計、検証をシームレスに実施することで、革新的なアイディアの実現を加速する研究開発を進め、世界における存在感を獲得することを目指します。


お電話でのお問い合せはこちら

0776-27-8956(代表)