本事業では、社会・産業ニーズ(潜在的なニーズを含む)を踏まえ、経済・社会的にインパクトのあるターゲット(出口)を明確に見据えた技術的にチャレンジングな目標を設定し、戦略的創造研究推進事業や科学研究費助成事業等の有望な成果の活用を通じて、実用化が可能かどうか見極められる段階(概念実証:POC)を目指した研究開発を実施します。その研究開発において、斬新なアイデアの取り込み、事業化へのジャンプアップ等を柔軟かつ迅速に実施可能とするような研究開発運営を採用します。


本事業では健康・医療分野(健康・医療・介護・福祉分野を含むものとする。以下同じ。)の大規模データ(以下「データ」という。)の分析結果の活用により、医療の質向上・均てん化・診療支援、及びAIを用いた医療技術の臨床開発に必要な基盤を整備することが期待されています。
そのため、既存の医療データベースや、電子カルテ情報などからマッピングした標準形式の情報を、医療の質向上・均てん化・診療支援の基盤として活用するとともに、AI実装へ向けた臨床研究等の基盤としても活用できる、恒常的な仕組みを構築するための研究を求めます。


本事業では、平成 28 年度中央治験審査委員会・中央倫理審査委員会基盤整備モデル事業(以下、「モデル事業」と言います。)において作成されたガイドライン等をふまえた上で、非介入研究の一括審査に対する現状と問題点等について国内・国外の調査を通じて整理し、非介入研究の一括審査に関するガイドライン等を作成することで、今後多岐に渡ることが予測される非介入研究の質の向上につなげていきます。


お電話でのお問い合せはこちら

0776-27-8956(代表)