7月28日締切にて募集しておりました“ビジネスアイデア”につきまして、179件の応募がありました。提案書もとに産業人材育成部による厳正な審議を行い、以下の通り入賞案を決定いたしました。
 実現性を確認しつつも、面白さや独自性があるものも高く評価いたしました。本コンテストをもとに、アイデアをさらに発展させ、他の科学技術アイデアコンテストやビジネスプランコンテスト等への入賞を目指すことが期待されます。

[入賞の内訳]

 最優秀賞       \15,000(工学部生)
 福井銀行賞      \10,000 (工学部生)
 福井信用金庫賞    \10,000 (工学研究科院生)
 北陸銀行賞      \10,000 (工学研究科院生)
 優秀賞(2名)    \10,000 (工学部生2名)
 奨励賞(5名)    \3,000 (教職員)(工学部生4名)
 入賞(8名)     \2,000 (工学部生8名)
 地域を想いま賞(3名)\500 (工学部生)(工学研究科院生)(教育学部生)

※ 副賞として、上記金額分(円)の生協ficチャージ券が進呈されます。

 なお、表彰式を2017年10月24日(火)に行う予定です。

 本事業は、福井銀行、福井信用金庫、北陸銀行の協賛により、本学学生のアントレプレナーシップ(起業マインド)の養成を目的として実施しているものです。



 2017年9月11日、文部科学省の平成29年度「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」として7月末に採択された、福井地域の「ワンチップ光制御デバイスによる革新的オプト産業の創出」事業のキックオフ会議を、福井大学文京キャンパスにて開催しました。キックオフ会議には、事業実施者である福井大学、日本原子力研究開発機構、福井県の関係者が出席しました。会議では活動計画を今年度の目標に向けて積極的に推進していくことの確認とともに、実行に際しての活発な論議が行われました。

 「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」は、平成29年度から平成33年度の5か年計画で、地域の成長に貢献しようとする地域大学に事業プロデュースチームを創設し、地域の競争力の源泉(コア技術等)を核に、地域内外の人材や技術を取り込み、グローバル展開が可能な事業化計画を策定し、社会的インパクトが大きく地域の成長とともに国富の増大に資する事業化プロジェクトの推進を通じて、日本型イノベーション・エコシステムの形成と地方創生を実現するものです。


 AL-300の利用を希望する「大学院進学予定者向け」の利用者講習会を下記の要領で行います。
資料を準備いたしますので,参加人数を事前にお知らせください。
AL-300を利用するためには原則としてこの講習会を受講していただく必要があります。
また、液体窒素および液体ヘリウムを使用した装置ですので、使用に際しては高圧ガス保安教育を受講していただく必要があります。


          記

日時:2017年9月27日(水)13:30~
場所:工学部1号館3階 132L講義室
内容:1時間の講習の後、30分ほど実地演習

(1)NMR装置の概要
(2)AL-300NMR装置の紹介 
(3)NMR装置利用上の注意点
(4)使用規定説明 
(5)その他


申し込み・お問い合わせ: 生物応用化学 杉原伸治先生までお願いいたします。
(教員毎にお申込みください。)
 
国立大学法人 福井大学
産学官連携本部 計測・技術支援部


 7月31日締切にて募集しておりました“学生試作品支援事業(学生ILF事業)”につきまして、提出された申込書とインタビューをもとに厳正な審議を行い、以下の通り支援先を決定いたしました。

[採択内容(順不同)]
・"千野 晃裕"
 キャリーになる折り畳み自転車
・"松田 真理奈"
 福井ブランド和菓子「恐竜の卵」と分子模型型「恐竜せんべい」の商品開発
・"小島 佑介"
 アクセル、ブレーキ踏み間違い防止装置
・"鎌田 訓史"
 誰でも簡単!紐結びアイテム「Stecca(ステッカ)」
・"三川 和紀"
 予約システム

 本事業は、本学卒業生の寄付((株)ミッション起業支援基金)により、本学学生のアントレプレナーシップ(起業マインド)の養成を目的として実施しているものです。


お電話でのお問い合せはこちら

0776-27-8956(代表)