本文へスキップ

産学官連携本部 オープンR&Dファシリティは、
研究開発のための施設・設備をオープンにしていきます。

 大型測定機器・インキュベーション施設を学内外にオープンにして活用し、地域企業と大学が連携して ソリューション追求型研究開発を推進、その実践過程の中で人材を育成する環境を構築していきます。
 R&Dは「 Research & Development 」(研究開発)の略で、ファシリティはそのための施設・設備という意味です。 研究開発のための施設・設備をオープンにし、一緒になって様々な課題解決のための試行錯誤に取り組んでいく中で、イノベーションの種を共に見出していくような、そんな「場」にしたいと思っています。


NEWS新着情報

H28年11月18日
(12/15-16)核磁気共鳴測定装置(NMR)講習会を開催します。
H28年11月10日
(11/24-25)卓上電子顕微鏡デモ機実演及び撮影会を開催します。
H28年11月 8日
(11/24,12/1,12/8,12/15)機器分析講座2016を開催します。
H28年 9月23日
中国 西安理工大学 李孝廉 校長らが、本施設を見学されました。
H28年 8月29日
赤池誠章参議院議員が本施設を視察されました。
H28年 6月21日
H28年 5月17日
核磁気共鳴測定装置(NMR)講習会を開催しました。
ドイツKoblenz Landau大学Silke Rathgeber教授らが訪問されました。
H28年 4月 1日
H27年12月 8日
分析・計測機器一覧を更新しました。
MSE研究・推進センター(2F プロジェクトスペース)のサイトをオープンしました。
H27年 8月 4日
高校生を対象に電子顕微鏡観察実習を行ないました。
H27年 4月16日
水銀ポロシメータ講習会を開催しました。
H27年 3月26日
サイトをオープンしました。
H27年 2月 5日
開所式を行いました。  

バナースペース

福井大学 産学官連携本部 
オープンR&Dファシリティ
(総合研究棟?-1)

〒910-8507
福井市文京3丁目9ー1

TEL 0776-27-9910 (代表)

Mail: ordf*ml.u-fukui.ac.jp

(*を@に変更してください)